読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Q家のブログ-一条工務店で建てたロフト付の平屋注文住宅-

2011年に建築した一条工務店セゾンV平屋での生活記録です。住宅と収納に関する記事が中心ですが時々脱線します。目的のカテゴリを探して読んでください!

≪広告≫

最適な加湿器と必要能力

  (太字部分2014.10.2修正) 
 
今朝は寒いですよ~
滋賀県湖東地域、気温-3℃、積雪10cm(推定)
 
つい最近の東京みたいな感じになってますね
 
 
 
 
さて、先日の記事
 
「加湿器は気化式です!」


加湿器は気化式です! - Q家のブログ

 
では、 
室温を維持したまま加湿するには、エネルギ(暖房代)が必要
(エネルギを与えないまま加湿すると室温が下がっちゃうので…)
 
ということが分かりましたね~
 
 
 
だから、加湿器自体の消費電力が少なくても、結局、暖房代が必要になるので、
省エネにはならないのでは…
 
とも説明しました
 
 
加湿器には、気化式、ハイブリッド式、加熱式、超音波式、などありますが、
省エネという観点で、どの種類の加湿器が最適かは私Qにはよく分かりません。.
 
どれもそれほど差がないような…
 
結局、
子供が触れても安全、
湿度管理が面倒でない(自動である)、
価格が安い、とか、
使い勝手や好みで選ぶとよいのではないかと思います
 
 
  
さて今回の本題です、加湿器に必要な能力について
加湿器の能力とは、1時間にどれだけの水分を加湿できるか…ということです。
 
 
結論は、家全体を加湿する場合、
潜熱回収機能付き換気装置がある家2011年築一条の家)で必要な加湿能力は、
30坪で120g480g/H、40坪で160g640g/H
普通の大型の加湿器1つで充分です
 
 
 
潜熱回収換気装置でない全館換気の家で、この102.5倍。
 
かなり大きな加湿器であれば1台でイケるかも…
 
 
 
この結論を求めるための根拠は以下に説明します。
 
ここからは興味があるひとだけどうぞ
 
※間違いがあれば教えてくださいませ~
 
 
もう一度前回の図を利用します
「湿り空気線図」ウィキペディアより引用
 
 
加湿器に必要な能力を考えるには、
まず、加湿しない場合に家から失われる水蒸気量を求め、
加湿器によって加湿できる水蒸気量が、
失われる水蒸気量よりも多くなればOKとすればよいでしょう
 

自分で計算したい人だけ読んでください(ここから)
 
(計算式)
1時間で室内から失われる水蒸気量(kg/H)=気積(m3)×換気回数(回/H)×換気時水蒸気損失率(%)×室内外の水蒸気量の差(kg/kg(DA))/比体積(m3/kg)
 
気積   :  加湿したい空間の体積
        床面積×天井高でだいたいの値が出ます。
        全館の場合はこの値に0.8程度を掛ける。
 
換気回数 : 最近の新しい家は0.5、古い家は2.0程度
 
換気時水蒸気損失率 : 普通の換気では100%、2011年のロスガードは1040%、ロスナイでは1550%(??)、2014年のMAX社製のロスガードは20%(?)
 
室内外の水蒸気量の差 : 上のグラフから求めます。たとえば③と④の差0.0045。
 
比体積 : 上のグラフから求めます。20℃50%RHで0.84程度
 
(ここまで)

 
 
 
我が家全体(約34坪)を加湿する場合であって、
結露による損失と、換気装置(ロスガードなど)による水蒸気の回収を考慮しないとき
 
室内20℃50%RH、換気回数0.51回で、外気温0℃70%RHの場合
失われる水蒸気量=303.5(m3)×0.51(回/H)×0.0045(DA)/0.84(m3/kg))
0.83(kg/H))
となります。
 
つまり、この家では、1時間に830gの水蒸気が失われるということです
 
 
 
我が家の加湿器の加湿能力は、500(g/H)なので、
この加湿器1台では能力不足になります
 
 
 
しかしここは一条ハウス。
一条ハウスでは一般的な潜熱回収機能付き換気装置(ロスガードやロスナイなど)
があれば話は別
 
この装置がある場合の失われる水蒸気量は、
 
失われる水蒸気量=303.5(m3)×0.51(回/H)×1040(%)
×0.0045(DA)/0.84(m3/kg))
0.0830.332(kg/H))
となります。
 
つまり、1時間に失われる水蒸気量は、83332g。換気装置がない場合の10分のです。
 
 
なので、1時間に500g加湿できる加湿器1台で充分加湿できることが分かりました
 
もちろん、うまく空気が循環しないと家全体の加湿はできませんが…
 
 
 
83332gを34坪で割ると、2.49.8
 
つまり、坪あたり2.49.8gの加湿量があれば現状の湿度を維持できるということですね
 
ただ、この加湿量では加湿したいときに時間がかかりすぎますし、
もっと気温室温が高い状態で加湿するときにはもう少し能力が必要になりますので、
この加湿量の1.5倍程度の坪当たり15g程度の加湿量は欲しいところ…
 
…と考えると、
2011年築の一条の家で必要な加湿能力は、30坪で120450g/H、40坪で160600g/H
となります。
 
2014年最新の一条の家で必要な加湿能力は、30坪で225g/H、40坪で300g/H
 
所詮は机上の空論。
あくまでも参考程度にお願いします
 
 

≪広告≫

トップページへ