読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Q家のブログ-一条工務店で建てたロフト付の平屋注文住宅-

2011年に建築した一条工務店セゾンV平屋での生活記録です。住宅と収納に関する記事が中心ですが時々脱線します。目的のカテゴリを探して読んでください!

≪広告≫

フローリングの接着剤

フローリング材を床暖房パネルに接着するときには
このような道具が利用されています。。。

 

という記事を以前に投稿しました。
http://blogs.yahoo.co.jp/shiro9kuro9/504619.html

 


このような道具です。








今日は、この中に詰められる接着剤の話。

接着剤は詰め替え式で、詰め替え用の接着剤は
いくつかが段ボールに入れて届けられます。



詰め替え用の接着剤は、アルミのようなもので筒状にラッピングされています。



フローリングにはこの接着剤を利用し、
敷居や框の施工には、白ボンド(木工用ボンド)を利用するようです。



白ボンドは、接着する部材同士が密着していないと剥がれてしまうのですが、
このフローリング用の接着剤は、接着する部材同士(フローリング材と床暖房パネル)に
僅かに隙間ができてもその状態で固まってくれて、剥がれないそうです。






接着剤の段ボールの外側

F☆☆☆☆

 

安心ですね。




ちなみに、接着剤が不足すると、電話一本で一条さんが
宅配便で届けてくれるそうです。

 

なので、大工さんが接着剤をケチることはないとのこと。




普通の工務店での施工では、釘や接着剤を大工さん自身が調達するところが
多いので、どうしても釘や接着剤をケチる手抜き工事が起こってしまう。
しかし、一条さんでは、釘や接着剤など全ての部材が一条さんから支給されるので、
大工さんが材料をケチる手抜きはないとのこと。



これまた安心です。




ただ、大工さんが作業工程をケチる(作業が雑、釘を打つ手間を省く)
という手抜きはありそうな気がしますが…

 

よい大工さんに出会うことが必要ですね。



ブログ村に登録しました。ポチっとお願いします。

 

≪広告≫

トップページへ